Information
お知らせ

2022-09-03

あなたの目疲れていませんか

 

 

充血やかすみといった一時的な目の症状は「疲れ目」です。

パソコンやスマートフォンなどが普及し、目の不調を訴える方が増えてきました。

単なる疲れ目と考えず一度、眼科で検査することをおすすめします。

2022-07-25

お盆の診察について

お盆も通常通り診察いたします。

 

15日は月曜日のため休診日です。

2022-04-05

学校検診

学校検診のメリットをご存知でしょうか。

 

 

学校の健康診断は、子どもにとっては「やらされるもの」になりがちですよね。

健康な時には面倒に感じる方も多いことでしょう。学校で毎年同じ時期に検査を行うことで

病気の早期発見・早期治療が出来るのです。しかし、学校では病院のように一人ひとりを丁寧に見ていくことが出来ないところも多く、

病気や異常がないかを見るという位置づけになっています。

したがって、気になる箇所があれば病院で再検査を行うという方法をとっています。その為、再検査の紙を貰われた方は

早めのご受診をお願い致します。

 

健康診断を単なる健康管理としての行事に終わらせるのではなく、子ども自身が健康について学ぶ機会とし、

必要があれば生活習慣、家庭全体の生活習慣を見直す機会として頂きたいです。

2022-01-15

花粉症のお話し

花粉症ってどんな症状?どうしてなるの?

 

花粉症とは、花粉をアレルゲンとする花粉アレルギーです。アレルゲンとは、アレルギーを引き起こす原因物質のこと。

くしゃみ、鼻みず、鼻づまりのほかに、目のかゆみ、涙目、さらには肌荒れなどさまざまな症状がみられます。

スギ花粉など、アレルゲンとなる花粉は日本国内だけで60種類以上が確認されています。 

アレルギー反応の原因となる花粉が飛散している時期に起こり、それ以外の時期には症状が出ません。

 

花粉症の時期は症状がつらくて仕事や家事、勉強がはかどらない、睡眠不足になる、集中力が低下するなど、

日常生活にも支障をきたすことが少なくありません。

花粉症の各症状の重症度は下記の表に従って判断しますが、症状が重くなるほど、日常生活の支障も大きくなります。

 

 

花粉症を悪化させない為にできる事は?

 

自律神経のバランスを整える事。自律神経のバランスを整えるために普段の生活からバランスの良い食事、適度な運動を心がけましょう。

また、本格的に花粉が飛散する前に、先手を打ってアレルギー専用鼻炎薬を飲んでおくと、症状がひどくなる前に効果を発揮してくれます。

セルフケアや市販薬で早めの対策を打ち、少しでも症状を軽くしましょう。

2021-10-10

ドライアイってなぁに?

ドライアイとは、目を守るのに欠かせない涙の量が不足したり、

涙の質のバランスが崩れることによって涙が均等に行きわたらなくなる病気です。

また、目の表面に傷を付けてしまうこともあります。

高齢化、エアコンの使用、パソコンやスマートフォンの使用、コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、

ドライアイの患者さんも増えています。

更に、重症のドライアイは、中年女性を中心に多く見られる「シェーグレン症候群」を伴っている場合があります。

軽く考えず、眼科医に相談しましょう。

2021-08-31

10月10日「目の愛護デー」

目の愛護デーの歴史は深く、60年以上の歴史があります。

はじまりは,失明予防の運動として、10月10日を「視力保存デー」と定め、

中央盲人福祉協会主催、 内務省、文部省の後援で毎年活動を始めたのがきっかけです。

1947年に10月10日を「目の愛護デー」と定めました。

目の愛護デーでは、現在、厚生労働省が主催となり、全国で目の健康を促す活動がされたり、

目の関連企業や団体がイベントを開催したりしています。

 

この機会に定期健診を受けてください。

2021-04-08

学校検診

 

学校検診の視力検査は、簡易的な評価であり眼科で行う視力検査とは異なります。視力検査がA判定ではなかった場合は、

早めに眼科を受診することをおすすめします。

視力低下の原因として、近視・遠視・乱視やその他の病気が考えられ、原因によっては放置すると視力が安定しない(弱視になる)

可能性があるため、定期的な眼科の受診が大切です。

 

新型コロナウィルス感染拡大の影響による休校期間中の遠隔授業や自宅学習に伴い、生活の中でタブレット端末・PCの使用が増えた

お子様も多かったようです。このような近方作業は眼への負荷を増加させ、近視の進行や急性斜視の発症につながることもあります。

適切な作業・学習習慣、姿勢を心がけ、なにか異常を感じた際には速やかにご相談いただきますようお願いいたします。

 

 

2021-01-12

花粉 アレルギー

 

いまや「国民病」とも言われる花粉症。

特に患者さんの多いスギ花粉の時期(2月~4月)は本当につらいですよね。

当院でも、目のかゆみといった辛い症状を抑える点眼薬はもちろんのこと、点鼻薬・内服薬の処方も行っています。

 

症状がでる2週間程前より、抗アレルギー薬を飲み始める事(初期療法)も重要になります。

初期療法のメリット

  • 症状の出現を遅らせることができます
  • 飛散量の多い時期の症状を軽くできます
  • 併用する薬の量や使用回数を少なくできます

 

2020-09-15

10月10日は目の愛護デー

10月10日は目の愛護デーです。

これは、10.10を横にすると、人の顔の目と眉に見えるからだそうです。

また、10月にはもう1つ、目の記念日があります。それは10月01日の“眼鏡の日”です。

こちらは、1を眼鏡のつる、0をレンズとみなすと眼鏡の形に見えるからだそうです。

これらを合わせて、10月1日~10月10日は“目と眼鏡の旬間”とも呼ばれています。

 

この機会に定期健診を受けてください。

2020-06-16

学校検診

 

 

学校検診のABCDとは?

A(1.0以上)一番後ろの席からも黒板の字がよく見えています

B(0.70.9)後ろの方でも黒板の文字がほとんど読めますが、近視の始まりのことが多いです

C(0.30.6)後ろの方では黒板の文字は見えづらく、近視以外の目の病気にも注意が必要です

D(0.2以下)教室の最前列の席でも黒板の文字が見えづらく、すぐに眼科の受診が必要です

 

学校検診のA以外の場合は必ず眼科受診が必要です!

※学校は短時間で検査をするため、一人一人の詳しい目の状態を把握することが難しいです。視力の低下の原因は近視や遠視など様々です。原因を知るために必ず眼科で詳しく検査をしましょう!

 

当院は土日祝日も診療しております。